ニュース

夏休みの自由研究にお菓子の家を作ろう!

自由研究にぴったりのお菓子の家

ヘンゼルとグレーテルに出てくるお菓子の家。
子供のころ1度は憧れたものです。

そんなおかしの家を作って夏休みの自由研究にしてみよう!

クマくん
クマくん
でも夏休みもう日数ないで!
マカロンさん
マカロンさん
お菓子の家は頑張れば1日で完成するから日数はなくても大丈夫だよ。

お菓子の家の自由研究のまとめ方

それにしてもお菓子の家を作ってどうやって自由研究にするの?ってところだけど、作り方やらをまとめて出来上がったものをラッピングして提出すればOK!

アイシングを使えばカビが生えたり見栄えがおかしくなったりもしないし、クリアケースに入れてしまえば観賞用にもなるものなので問題なし。
レポートにすればちゃんと自由研究になります。

まとめ方サンプル

・アイシングの歴史を調べてレポートにする
・アイシングのことを掘り下げる
・材料や道具について写真付きでまとめる
・お菓子の家はいくつかのクッキーを組み立てるので展開図を写真にしてみる
・作り方をレポートにまとめる
・作品を展示できるようにラッピング

アイシングについてはこちらを参考にしてみてください。

お菓子の家「ヘクセンハウス」について

もともとドイツを代表するクリスマスに作るお菓子です。
ヘクセンハウスとは魔女の家。
ヘクセンとはドイツ語で魔女といいます。
ヘンゼルとグレーテルに出てくる魔女の家ですね。

お菓子の家に必要な道具

まずクッキーを焼くわけですが、おかしの家を作ろうと思うと通常クッキーを作る道具の他に必要なものがあります。

家を組み立てるのでクッキー型が必要です!

クッキーを組み立てて家を作っていくことになります。
自分で型から作ってもよいですが、型は売っていますので購入しましょう。

この型でクッキーを抜いて組み立て行きます。
特殊な道具はこれだけで足ります。
他は通常クッキー作りに必要な道具のみです。

おかしの家づくりにあるとよい材料

おかしの家づくりですが、始める前にどんな家を作るのかで必要な材料が変わってきます。
アイシングオンリーで作るのであればアイシングの材料だけを揃えればOKです。

アイシングだけでもシンプルで美しいお菓子の家を作ることができます。
繊細なイメージのものができあがりますね。

ですが、もっとポップなものを作りたいのであれば、チョコレート菓子やスプレーチョコ、アラザン等を用意しておくとよいです。
チョコレート菓子は市販のものでも楽しいかもしれませんね。

とくにキノコの山のきのこを使うと可愛さUP☆

おかしの家の作り方

必要な材料/道具を準備する

お菓子の家はまずどんなおうちを作りたいかイメージしてから、必要な材料を準備しましょう。

ポップなお菓子たっぷりのおうち

 

この投稿をInstagramで見る

 

お菓子教室〜Sunday〜 Nさん(@sunday_sweetsclass)がシェアした投稿


はたまた、シンプルだけどこださりのあるおうち

 

この投稿をInstagramで見る

 

あんなさん(@anchaaaaan322)がシェアした投稿

ちなみにクッキー同士をくっつける「のり」の代わりになるのがアイシングの為、アイシングとアイシングを絞る道具「コルネ」の準備は必須です。

ベース用のものを準備してください。
細かく屋根など装飾しようとおもっている場合はライン用の準備も必要です。

クッキーを焼く

クッキーはお菓子のおうちの壁や屋根になります。
通常のアイシングと同様にしっかりと乾燥させましょう。

クッキーはジンジャーブレッドクッキーがお菓子の家と相性がよいですが、作りやすいもので作ってください。

クッキーはおうちのベースになるので、歪みや生地にでこぼこがあるときれいに仕上がりません。
丁寧に作るのが肝心です。
生地を均一に伸ばすことも重要なのでルーラーを使い、生地が柔らかくなってきたら面倒ですが、都度冷やしながら作業すると平らな生地が出来上がります。

焼く時も生地を移動させるときに生地がゆがまないように細心の注意を払いましょう。

クッキーをデコレーションする

クッキーが焼け、乾燥したら、細かいデコレーションが必要なクッキーにアイシングやチョコでデコレーションしていきます。
組み立ててからもデコレーションしますが、壁や屋根に何かを描くのであればこのタイミングでします。

たとえば、窓を描いたり屋根を描いたり。
ここで使うのはライン用のアイシングとコルネです。

クッキーを組み立てる

アイシングが乾いたら、「のり」用アイシングを使い家を組み立てていきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

❁ KANA ❁ *¨*•.¸¸♬さん(@cookiecordial)がシェアした投稿

こちらは黄土色のアイシングを使っていますが、白のアイシングで問題ありません。

壁を組み立ててから屋根をのせると安定します。
実際の家づくりと同じですね。

仕上げのデコレーションをする

仕上げのデコレーションは雪の演出をするのもよし、チョコレート菓子をくっつけていくもよし、仕上げていきます。

アイシングを何色か用意しておいてデコレーションするとカラフルなものが仕上がります。

お花のアイシングパーツを別で作っておいて、屋根に付けてもきれいですね。

シンプルなアイシングとアイシングパーツやシュガークラフトの物の方が日持ちはします。

チョコレート菓子をトッピングすると暑さに弱いので注意です。

家と土台を付ける前に中にLEDライトを入れると電気を消した時に本当のおうちのように温かい明かりが家の中から溢れるのでおもしろいです。

ラッピングする

クリアケースに入れるとそのまま学校で飾ることができます。

リボンやマスキングテープで飾っても可愛いですね。

お菓子の家を自由研究にするまとめ

お菓子の家は作っているだけで楽しいですね!
手間はかかりますが、自由研究にするなら楽しいテーマです。

デザインによってはインパクトが大きいテーマになるでしょう。
お菓子の家を作る上でもポイントをまとめておきます。

・クッキーは平らで歪みのないものを焼く
・組み立ては壁から組み立て最後に屋根をのせる
・アイシングのみのおうちの方が観賞用として日持ちする

 

 

こちらの記事もおすすめ☆