アイシングテクニック

アイシングクッキーに水滴をのせてみよう

アイシングクッキーにきらり水滴をのせよう

たとえば葉っぱのアイシングクッキーにきらりとした水滴の雫をのせたり、傘のアイシングクッキーにのせると本物感がでてきます。

水滴といっても本当の水じゃありません(←当たり前)

このひと手間でアイシングクッキーがよりかわいらしく仕上がりますのでぜひ載せてみてください。

水滴を作ってみよう!

今回ご紹介するのはアイシングで水滴の雫を描くのではなく、お砂糖で雫を表現するのでよりリアルな水滴になります。

材料は「パラチニット」というものを溶かして固めて作ります。

パラチニットとは

シャカシャカクッキーやステンドグラスクッキーに使われることもある溶かして固めても透明度を保ちます。

砂糖を原料にした透明度の高い低カロリーな糖類。
虫歯にもなりにくく、血糖値にもあまり影響しない。

雫の作り方

  1. 小さめの耐熱の容器にパラチニットを入れ、水を加えていく。
  2. レンジでチンする。
    レンジは中でぐつぐつとなりだしたら取り出す。
  3. 出来上がったものをオーブンシート等にスプーンなどですくって水滴のようにたらす。
  4. 水滴が固まったら完成
  • 加熱中はレンジをよく見ておいてね
  • パラチニットがひたひたくらいの水

ロイヤルアイシングクッキーにのせる水滴の作り方動画

出典:MA.M COOKIES

上記動画ではアルミカップを使ってレンジでチンしていますが、アルミカップはレンジで加熱すると危険ですので耐熱の容器を使って加熱しましょう!

アイシングクッキーに雫をのせるまとめ

アイシングクッキーに雫をのせるだけで単調なアイシングクッキーがよりリアル度が増して素敵になりましたね。

葉っぱだけでなく、傘のアイシングクッキーや水をモチーフにしたクッキーにみずみずしさをプラスできます。